みんなのブログポータル JUGEM
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
時計
障害者があたり前に働ける  ニッポンへ!ミミもサポーター    ♪ぜひ下記サイトへ♪
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト
小樽市ホームページへGО!
小樽市役所ホームページ
訪問者カウントです^^/
記憶力をお試しあれ…♪
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
小樽市の人口

小樽市の人口が12万人を割りました…

戸籍住民課から人口の速報。

平成29年5月8日 住民基本台帳人口 

          119,985人

 

人口減少になかなか歯止めがかかりません。

小樽市の出生数は10年前は約800人赤ちゃん

自然動態の差はマイナス900人台で

推移していました。

しかし、平成21年に自然動態での

増減差がマイナス1,000人を超えると…

昨年は出生数513人、死亡数1,858人

その差はマイナス1,346人となり涙

転入・転出の社会動態増減差を加えると

毎年約2千人前後減少し続けています。

 

人口を増加させることは難しく

まずは減少のカーブを緩やかにするために

本市としてどのような対策がポイントとなるのか…

 

若い世代の流出は大きな課題です。

 

まずは大学進学で東京などに行くと

そのまま就職してしまう若者が圧倒的に多い事…

また、地元の高校生や大学生に聞くと

隣接する札幌に希望する職種の企業が多く

本市では希望する就職先が見つからないと言います。

若い世代にとって賑やかな都会は魅力的なのも要因の一つですよね。

 

議会で雇用の場を確保するため

企業誘致や起業者支援の充実

小樽らしい古民家の活用や

ふるさとテレワーク推進の提案など
質問してきましたが、その効果や推進については

まだまだこれから…と、いう感じです。

若い世代の方々の流出を食い止めなければ

イコール➡出生数の増加も見込めない_| ̄|○

厳しい現実があります。

 

1494337990356.jpg

 

移住対策はどうでしょうか…

小樽市はどのような世代の方に

好まれ選ばれる場所なのか。

この対策もポイントを絞った

特徴あるものを考えなければならないと思います。

本市としては子育て支援の充実で

若い世代の移住推進も図っていますが

近隣自治体と比較し

際立つくらいの支援策を打ち出さなければ

長期的に見ても若い世代の

定住・移住いずれも効果が表れにくいと考えます。

 

大きな企業は誘致できなくとも

「小樽」のネームバリューを活かした

小樽らしい産業の復活や

さらなる積極的な発信ができないのか。

 

将来本市の人口が8万人台になると予想されていますが

小樽市経済を維持するために必要な

企業の規模や労働力はどのくらいなのか。

 

人口問題は考えれば考えるほど頭が痛くなりますが

色々な方々と意見を交わし学びながら

取組んでいきたいと思います。

 

 

 

posted by: ♪ ミミちゃん ♪ | 議員活動 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:29 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://mimi-sunao.jugem.jp/trackback/2324
トラックバック